自然と信仰が息づく出羽三山「生まれかわりの旅」〜おくのほそ道を行く貸切ハイヤー贅沢旅


山形県の中央に位置し、自然と信仰が息づく日本遺産「出羽三山」。
出羽三山とは月山(がっさん)・羽黒山(はぐろさん)・湯殿山(ゆどのさん)の総称で修験道の山として知られ、三山を巡ることは、江戸時代に『生まれかわりの旅』として広がり、地域の人々に支えられながら今に伝えらえています。
番組では、その『生まれかわりの旅』を垣間見ることができる貸切ハイヤーで巡る2泊3日の豪華体験ツアーをご紹介。俳人・松尾芭蕉も訪れたといわれる山形の名刹「立石寺」も訪れます。

番組でご紹介したツアーのチケット

生まれかわりの旅〜おくのほそ道を行く貸切ハイヤープラン3日間〜 ハイクラスで特別な2泊3日の贅沢旅!

ツアーのみどころ


山形県の出羽三山(でわさんざん)が舞台。出羽三山とは月山(がっさん)・羽黒山(はぐろさん)・湯殿山(ゆどのさん)の総称で修験道の山として知られています。


今回のツアーは山形県内を快適な貸し切りハイヤーで巡る2泊3日の豪華ツアー。足を延ばしてのんびりと旅を楽しむことができます。


白装束に着替え修行体験。白を着るのは「俗世を離れる」必要があるためなんだとか。山伏さんが同行し、道案内やしきたり、修行作法を教えてくれます。


道中にあるのは、この地を訪れたという松尾芭蕉の石碑。歌碑には奥の細道の旅で訪れた際、出羽三山を詠んだ句が記されています。


羽黒山の本殿。三神合祭(さんじんごうさい)と言い羽黒山、月山、湯殿山の神々が祀られています。本殿の中で貴重な正式参拝を体験。


大小様々な仏像。その数はおよそ250体にも及ぶと言います。


1日目は、かつて山伏修行で使われたという宿に宿泊。江戸時代から残る貴重な建物だそうです。夕食は出羽三山で採れた旬の山菜を使った「三日月膳」。ミラノ万博にも出展された特別精進料理です。


夜は、神様を体内に取り入れて清めるという「鎮魂行」が。ヨガのような動きをおよそ1時間ほど行います。


3日目に訪れるのは山形きっての名勝「山寺 立石寺」。芭蕉が「奥の細道」で最も有名な句を詠んだ場所としても知られています。 1200年前から灯り続ける「不滅の法灯」を拝むことができます。御本尊はまた50年に一度しか御開帳されない薬師如来。

番組でご紹介したツアーのチケット

生まれかわりの旅〜おくのほそ道を行く貸切ハイヤープラン3日間〜 ハイクラスで特別な2泊3日の贅沢旅!

番組動画