修善寺石亭 鬼の栖

温泉宿 料理宿 高級宿 客室20室以下の宿 エステorスパ施設あり

厳選いい宿

修善寺石亭 鬼の栖

伊豆最古の名湯の地・修善寺の極楽宿

  • facebook
  • twitter
  • 日本の美を描きだした隠れ家で、優美な休日を 「四季に恵まれ、四季と遊び、四季を食す」、情緒溢れる日本の美しさを感じられる極楽の宿。日本庭園を眺められる客室、空海が開湯したとされる、伊豆最古の温泉に浸かれる露天風呂、五感が目覚めるリラクゼーションスパなど、心身ともに癒される空間が広がる。また、伊豆・修善寺ならではの山の幸、海の幸を贅沢に使った懐石料理は、見た目の美しさも自慢。しばし日常の煩事を忘れ、ゆっくり寛いでみたくなる憧れの宿。
  • 動作再生
  • 伊豆最古の名湯の地・修善寺の極楽宿

    伊豆最古の名湯の地・修善寺の極楽宿

  • 修善寺温泉の中心部を流れる桂川。赤い橋も情緒たっぷりです。

    修善寺温泉の中心部を流れる桂川。赤い橋も情緒たっぷりです。

  • 美しい庭園の周りに離れの建物が配置されています。

    美しい庭園の周りに離れの建物が配置されています。

  • 多くの文化人が常宿にしていたという全館離れの料亭旅館です。

    多くの文化人が常宿にしていたという全館離れの料亭旅館です。

  • 季節を味わう料理は、一品一品運ばれてきます。

    季節を味わう料理は、一品一品運ばれてきます。

  • 選び抜かれた夏の山海の幸を涼味あふれるお料理で。料亭旅館ならではの懐石膳をお楽しみください。

    選び抜かれた夏の山海の幸を涼味あふれるお料理で。料亭旅館ならではの懐石膳をお楽しみください。

  • 「眠りのプロ」に開発を依頼した、石亭オリジナル寝具。究極のやすらぎをお届けいたします。

    「眠りのプロ」に開発を依頼した、石亭オリジナル寝具。究極のやすらぎをお届けいたします。

  • 朝食の織部の釜で炊かれたごはんや自家菜園の野菜を使った手づくりのお漬け物も楽しみ。

    朝食の織部の釜で炊かれたごはんや自家菜園の野菜を使った手づくりのお漬け物も楽しみ。

宿からのひとこと

  • 水の流れ、銘石、灯籠、庭木が調和する庭を取り囲むように配した客室は、鬼たちの隠れ家に相応しく、すべてゆとりのある離れ家の造りが自慢です。夕食の懐石料理は、山のもの、海のもの、豊かなこの地の季節折々の素材を存分にお楽しみいただけます。また、伊豆最古の温泉でお寛ぎいただける露天風呂は、荘厳な岩に囲まれており、優しい野風が吹き抜けます。空を仰ぎ、野の香りを感じ、心ゆくまでごゆっくりおくつろぎ下さい。

プロの眼

大人の方にピッタリ!リピータを多く抱える由緒あるお宿

厳選いい宿推進メンバー

旅館再生コンサルタント

井門隆夫

  • 1

    文人墨客が集っていた宿(本郷の菊坂ホテル)を題材にした瀬戸内寂聴の小説の名「鬼の栖」を寂聴さんのお声かけでいただいたという由来を持つ由緒あるお宿です。会員制だったということもあり多くのリピーターを抱えています。

  • 2

    修善寺温泉の竹林のはずれ、高級旅館が並ぶ一角にあります。玄関も風情があり、車で乗り付けるとちょっとカッコいい宿です。全室「離れ」式なので、チェックインを済ませるとそのまま中庭に。露天風呂の大浴場へも、中庭を歩いていきます。雨も風情として楽しめてしまう、大人の方にピッタリの宿と言えますね。実は、雨のほうが庭の緑も映え、部屋からの景色も美しいことから、昔は離れの屋根からわざわざ雨のように水を撒いていたというくらいなんですよ。

  • 3

    お風呂は、肌にやさしいと言われるアルカリ性単純温泉。中庭の木々の緑を眺めながら、手足を伸ばし、露天の大浴場を味わってほしいと思います。上半身に屋外の空気が当たる分、長湯できるはずです。内湯がいいという方は、お部屋のお風呂で。こちらも温泉が注がれていますよ。

  • 4

    今もなお、昔ながらの「和風旅館」としての姿を継承している数少ない宿で、提供される食は決して華美ではありませんが、旬の素材を丁寧に仕上げた懐石料理です。今では少なくなった押し付けのない仲居さんの接客がこの宿の醍醐味なので、一品一品運ばれる手づくりの料理を仲居さんに聞きながら楽しんで欲しいと思います。 修善寺温泉は海のモノも川のモノもお手の物。また、静岡は酒どころでもあるので日本酒と合わせてもいいですね。

アクセス・基本情報

修善寺石亭 鬼の栖

住所: 〒410-2416
静岡県伊豆市修善寺1163

大きな地図で見る

電話: 0558-72-2841

公式サイト: http://www.sekitei.co.jp/oni/

チェックイン/チェックアウト: 14:00 / 11:00

便利なアクセス方法

公共機関でのアクセス方法: 東京駅よりJR特急踊り子号に乗車→修善寺駅下車 ※修善寺駅からタクシーで約10分となります。

車でのアクセス方法: 東京の用賀IC等から東名高速道路沼津ICで降り、伊豆縦貫道・国道136号線へ 県道18号を修善寺方面に向かって進む

行き方を調べる

お風呂

温泉名修善寺温泉

泉質放流・循環併用式・加温

お風呂 風呂付客室(温泉) 露天風呂(温泉) 露天風呂付き客室(温泉)

お料理

夕食和食

朝食和食

お料理ご当地食材料理

お部屋

総客室数 12室

お部屋 和室 離れ

寝具 布団タイプ

施設

インターネット

駐車場

エレベーター

バリアフリー

宿泊のご予約はこちらから プラン一覧へ