松本ホテル花月

無料送迎

厳選いい宿

松本ホテル花月

“民藝フィロソフィ 松本の日常の記憶”をコンセプトに、素朴で普段使いができるホテルとして生まれ変わる

  • facebook
  • twitter
  • 2016年4月5日リブランドオープン リブランドのコンセプトは“民藝フィロソフィ 松本の日常の記憶”。松本民芸家具を育んできた松本の日常には、今も昔も民藝精神が息づく。日常にある民藝の美にこそ、本物の美しさがあると考え、素朴で普段使いができるホテルとして、ゲストを温かく歓迎する。客室には松本民芸家具が配置され、しっとりと、落ち着いた雰囲気を醸し出す。館内には、ネルドリップで淹れるこだわりのコーヒーを提供する「八十六温館」などもある。国宝・松本城まで徒歩で約5分という好立地も嬉しい。
  • 動作再生
  • 民藝精神を大切にした創業明治20年のホテルです。 2016年4月「民藝フィロソフィ 松本の日常の記憶」をコンセプトにリブランドオープンしました。

    民藝精神を大切にした創業明治20年のホテルです。 2016年4月「民藝フィロソフィ 松本の日常の記憶」をコンセプトにリブランドオープンしました。

  • 本館の客室一例。高い天井とオフホワイトの色彩を基調とし、広がりを感じることのできる造りとなっております。

    本館の客室一例。高い天井とオフホワイトの色彩を基調とし、広がりを感じることのできる造りとなっております。

  • 長野の歴史・風土に根ざした言葉から「行こうよ!」という意味を持つ言葉を用いて、レストラン「I;caza[ikaza]」(イカザ)と名付けました。

    長野の歴史・風土に根ざした言葉から「行こうよ!」という意味を持つ言葉を用いて、レストラン「I;caza[ikaza]」(イカザ)と名付けました。

  • 夕食一例。信州の恵みを使った料理でおもてなしいたします。

    夕食一例。信州の恵みを使った料理でおもてなしいたします。

  • 長野の土地が生み出す素材に作らせてもらう料理。「ながのテロワール」で食卓を彩ります。

    長野の土地が生み出す素材に作らせてもらう料理。「ながのテロワール」で食卓を彩ります。

  • 朝食一例。長野県産の食材をふんだんに使用した、和食中心の“おばんざいブッフェ”をご用意しております。

    朝食一例。長野県産の食材をふんだんに使用した、和食中心の“おばんざいブッフェ”をご用意しております。

  • 民藝精神を映し出した趣のあるエントランスロビー。

    民藝精神を映し出した趣のあるエントランスロビー。

  • 館内の至る所に松本民芸家具が配され、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

    館内の至る所に松本民芸家具が配され、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

  • ゆるやかな時間が流れる喫茶室「八十六温館」。

    ゆるやかな時間が流れる喫茶室「八十六温館」。

  • 店名の由来にもなった86度のお湯で、一杯一杯丁寧に『ネルドリップ』で淹れた香り高いコーヒーは絶品です。

    店名の由来にもなった86度のお湯で、一杯一杯丁寧に『ネルドリップ』で淹れた香り高いコーヒーは絶品です。

  • 大浴場。平成の名水百選に選ばれた、アルプスの雪解け水が地下水となった、深志の名水を利用しています。

    大浴場。平成の名水百選に選ばれた、アルプスの雪解け水が地下水となった、深志の名水を利用しています。

  • ショップ「tsumugu」古くから受け継がれてきた技術や生活の知恵「日常の記憶」を紡いでいきます。

    ショップ「tsumugu」古くから受け継がれてきた技術や生活の知恵「日常の記憶」を紡いでいきます。

  • 素朴で普段使いができるホテルとして、皆様のお越しをお待ちしております。

    素朴で普段使いができるホテルとして、皆様のお越しをお待ちしております。

宿からのひとこと

  • 民芸家具を随所に配置した創業明治20年のホテルでございます。 2016年4月5日「民藝フィロソフィ 松本の日常の記憶」をコンセプトにリブランドオープン致しました。 レストランでご提供しておりますのは、長野が生み出す食材に“作らせてもらう”料理「ながのテロワール」。この地から受け取った食材の力が形を成し、素朴さとモダンさをあわせ持つ料理を皿の上で表現していきます。料理の監修は、アゴーラ・アライアンスホテルのひとつ、「旧軽井沢ホテル」で総料理長を務める上野宗士です。是非ご賞味ください。

プロの眼

明治20年創業の老舗ホテル。国宝・松本城から徒歩約4分の好立地。

厳選いい宿推進メンバー

トラベルライター

塩田典子

  • 1

    こちらは国宝・松本城からほど近い、城下町に溶け込むようにある(元々お濠だった場所が埋め立てられたところ)明治20年創業の老舗ホテル。2016年4月、松本に古くから根づいている「民藝の精神」を取り入れて、リニューアルオープンしました。国宝・松本城から徒歩約4分の好立地にあり、早朝のお散歩にはおすすめです。

  • 2

    ロビーラウンジは木を多用した重厚な雰囲気。ホテルで長く使われてきた松本民芸家具のテーブルやチェア、食器棚などを生かし、その色合いに合わせて改装され、クラシカルでありながら洗練された空間に生まれ変わりました。

  • 3

    客室には松本民芸家具が配され、落ち着いた雰囲気が漂います。天井が高くオフホワイトを基調とした広がりのある空間です、窓からは蔵造りの建物が立ち並ぶ城下町の街並と、その向こうに北アルプスもしくは美ヶ原高原が広がります。なかには松本城が望める客室もあります。シングルルームもあるので一人旅やビジネス利用にもおすすめです。客室の版画絵は染色工芸家・柚木沙弥郎氏によるもの。

  • 4

    こちらのお風呂は温泉ではありませんが、平成の名水百選にも選定された湧き水が使われています。肌ざわりが柔らかで、体を包み込まれるような心地よさが感じられます。男女別の大浴場は広々としていてジェットバス付きなので、体をゆったりと伸ばして浸かることができ、とてもリラックスできます。

  • 5

    こちらの夕食は県産の食材を中心に、素材の持ち味を生かしながら郷土料理のエッセンス(技法)も取り入れた、ジャンルにとらわれない創作料理です。料理監修を務めるのは、パリで修行経験のある「旧軽井沢ホテル」総料理長の上野宗士氏。食材ごとの最適な調理法で料理することを心がけています。ダイニングも松本民芸家具で統一され、間仕切りや天井の装飾にダークブラウンの木が使われていてクラシカルで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。壁面には、かつてのパンフレットやマッチに描かれていた、柚木沙弥郎(さみろう)氏による松本城とホテルの絵柄がモザイクタイルとして蘇りました。

アクセス・基本情報

松本ホテル花月

住所: 〒390-0874
長野県松本市大手4−8−9

大きな地図で見る

電話: 0263-32-0114

公式サイト: http://matsumotohotel-kagetsu.com/

チェックイン/チェックアウト: 15:00 / 11:00

便利なアクセス方法

公共機関でのアクセス方法: JR新宿駅から中央線特急あずさに乗車→松本駅で下車 松本駅から送迎車(要事前予約)

車でのアクセス方法: 高井戸IC等から中央自動車道 岡谷JCTで長野自動車道 松本ICで降り、国道158・143号線で松本駅方面へ進む

行き方を調べる

お風呂

温泉名

泉質

お風呂 大浴場 風呂付客室

お料理

夕食洋食

朝食バイキング/ブッフェ

お料理コース料理旬食材料理新鮮山の幸料理

お部屋

総客室数 89室

お部屋 和室 洋室 スイート・特別室

寝具 ベッドタイプ/布団タイプ

施設

インターネット 有り

全室対応、無線LAN(無料)

駐車場 有り

500円(税別)

エレベーター有り

バリアフリー

宿泊のご予約はこちらから プラン一覧へ